ゼニカルの副作用と対処法

ゼニカルには副作用があります。服用して副作用が出た場合どう対処すればいいのか?副作用の知識があれば安心してゼニカルを使うことができます。ここではゼニカルの副作用について紹介しています。

*

ゼニカルの副作用で一緒に飲んではいけない薬

   

ゼニカルの副作用で一緒に飲んではいけない薬

ゼニカルには、併用禁忌薬があります。

ゼニカルの併用禁忌薬は、副作用を悪化させてしまうのです。

ゼニカルは、抗てんかん薬と併用できません。また、甲状腺治療薬、抗血栓薬などもゼニカルの副作用を助長してしまうので、併用禁忌とされています。

持病の治療で、何らかの薬を継続的に投与している人は、特に注意が必要です。

用法用量を守らないと、併用禁忌薬以外でも副作用を発生させる可能性があります。
慎重に服用しましょう。

ほかにも、もともと栄養失調や拒食症、精神障害や消化系疾患などの病気を発症している場合には、服用しても効果が少ないです。

また、病気の症状が悪化することも考えられますので、服用はおすすめしません。

何らかの副作用が見られた場合は、必ず医師に相談しましょう。

自己判断で済ませないことが大切です。

気になるゼニカルの副作用は事前に知っておく

副作用を発生させないためには、まずゼニカルの副作用に関する知識が不可欠です。

ゼニカルの副作用を見ていきましょう。

ゼニカルの副作用としては、下痢や軟便、おならの回数が多くなります。また、おならと一緒に便が出てしまうこともあるのです。

服用を始めてから副作用が1週間ほど続き、その後に落ち着くとされています。

しかし、場合によっては1か月以上それらの副作用が続く場合もあるのです。

ゼニカルを服用してもこれらの副作用が必ず出るわけではありません。

服用したことで、どんな副作用があるのかを知っておきましょう。

ゼニカルは、サプリメントではありません。ダイエット薬です。

必ず用法や注意点を守って服用しましょう。

痩せたいからと言って、多量に服用すると、重い副作用を発生させる可能性もあります。

自身でゼニカルに関する知識を身に着け、安全に服用しましょう。