ゼニカルの副作用と対処法

ゼニカルには副作用があります。服用して副作用が出た場合どう対処すればいいのか?副作用の知識があれば安心してゼニカルを使うことができます。ここではゼニカルの副作用について紹介しています。

*

ゼニカルとサノレックスは飲み方や効果に違いはあるのか

   

ゼニカルとサノレックスは飲み方や効果に違いはあるのか

サノレックスとゼニカルには、食欲を抑制するか、脂質の吸収を抑制するかの違いがあります。

サノレックスは、食欲を抑える薬です。

一方、ゼニカルは、脂質の吸収を抑制できます。

体重増加の原因が過食の場合は、サノレックスを試してみると良いでしょう。

サノレックスは、摂取カロリーを減らします。

サノレックスを内服すると、食欲が抑制され、カロリー制限の苦痛を感じずにダイエットできるのです。

一方、ゼニカルは、脂肪の多い食事の際に、補助的に飲むようにすると良いと言われています。

直接的にダイエット効果を得たいのであれば、サノレックスをおすすめします。
ゼニカルは、どちらかというと、ダイエットをサポートする役割が強いです。

作用の面では、どちらも効果があり、またその働きが違うので、明確にどちらが良いかなどは言い切れません。

運動などとも組み合わせてダイエットするのが最も良い方法でしょう。

ゼニカルは飲み続けないといけないのか

ゼニカルは、服用してから2週間以内にダイエット効果が見られます。

半年くらい続ければ、かなり体重を落とすことも可能です。

ゼニカルは、飲み続けないといけない治療薬ではありません。

しかし、妊娠中の場合は、ゼニカルの服用は控えたほうが良いでしょう。

妊婦の場合、ゼニカルの安全性が確立されていないのです。

また、授乳中の方も、赤ちゃんの健康を考え、服用は控えましょう。

ゼニカルは、脂質をカットする薬剤です。そして、本来摂るべき栄養素までも排出します。

そのため、赤ちゃんが授乳により栄養を得られない可能性があるのです。

ほかにも、栄養状態に不安がある方には、ゼニカルの薬効が適していない場合があります。

健康状態に不安があるときには事前に医師に診てもらってからゼニカルを使用しましょう。